ごみの分け方、出し方

公開日 2016年02月15日

最終更新日 2016年02月15日

ごみの分け方、出し方について 平成27年4月15日から分別表が変わりました


 ごみの収集は、「資源ごみ」「燃やしてもよいごみ」「燃やしてはいけないごみ」 「粗大ごみ」「有害ごみ」の5つに分別をして行っています(分別収集) 。「資源ごみ」は毎月2回、「燃やしてもよいごみ」は週3回、 「燃やしてはいけないごみ」は週1回、「粗大ごみ」は年4回、収集しています。
  ごみは決められた日時・場所にきちんと分別をして、収集日の当日朝8時30分までに出してください。(ただし、地区のルール等がある場合は、そのルールに従ってください。)
 燃やしてもよいごみについては、祝日の収集は行っておりません。

[2015年度版 ごみの分け方出し方]
[英語版(English) ごみの分け方出し方]
[ごみ分別ガイドブック]

品目等

資源ごみ(再生利用できるもの)

 
収集回数 月2回
・持ち出し日
 第1・3日曜日 ・・・ 大和町、元町、愛宕町、旭町、栄町、東町、新郷、岩瀬、三田ヶ谷、村君
 第2・4日曜日 ・・・ 一丁目、東大和町、相生町、本町、上町、須影、手子林、井泉、川俣
主なもの
及び
注意点等
【各地区集積所にて回収されるもの】
  • 空きかん、空きびん 、ペットボトル(飲食料用)
    • 空きかん・空きびんは、キャップをはずして中をすすいでください
    • 空きかんはつぶさないで出して下さい。なお、つぶす場合はきちんとつぶして下さい。
    • ペットボトルはラベル・キャップをはずし、中をすすいで必ずつぶしてください
    • 資源かごに分けて入れてください
  • 新聞、雑誌、ダンボール、古着、雑紙
    • ひも等でしっかり束ねてください
    • 古着は、汚れたり破れたりしていない着用できる状態のものです
    • 雨天等の場合はできるだけ次の回収日に出してください
    • 雑紙で小さな紙は、紙袋などに入れてひもやテープで閉じてください
関連情報 ・ 雑紙の資源回収について [ [PDF:107KB] ]
・ 資源ごみ等の分け方出し方 [ [PDF:134KB] ]

燃やしてもよいごみ

 
収集回数 週3回指定曜日(祝日は収集しません)
主なもの
及び
注意点等
・ 透明・半透明のごみ袋に入れて口を閉じて出してください
  • 台所の生ごみ
    • 水をよく切ってから出してください
  • 紙くず
  • 紙おむつ
    • 便はトイレに流してから出してください
  • 草・枝・木
    • 枝などは60cm以内・太さ10cm以内または厚さ10cm以内に切ってひもで結ぶか、透明・半透明の袋に入れて出してください
    • 草・葉類は乾燥させてから出してください
  • 汚れたり破れた衣類、下着類
    • なるべく小さくまとめて出してください

燃やしてはいけないごみ

 
収集回数 週1回指定曜日(祝日も収集します)
主なもの
及び
注意点等
・ 透明・半透明のごみ袋に入れて口を閉じて出してください
  • スプレー缶類
    • 使いきった後、できれば穴をあけましょう
    • ガスを抜いてから別の袋にひとまとめにして出してください
  • ライター類(必ずガスを抜いてください)

※爆発の危険があります。他のごみと別の袋にしてください

  • 再生できないガラス
  • せともの
  • ビニール
  • プラスチック
  • 金属類(刃物類は紙等で包んで「刃物」と記入してください)
  • ゴム・皮革類
  • 小型家電など
      ◦  エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、パソコンは除く

粗大ごみ

 
収集回数 年4回(2・4・7・11月の指定日)
主なもの
及び
注意点等
  • 家電製品(大型家電)
        ◦  エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、パソコンは除く
  • タンスなどの家具
  • 椅子・自転車等
  • ふとん・カーペットなど

   ※粗大ごみは、目安として45リットルの袋(一般的なサイズ:65cm×80cm)
      に収まらない大きさのものです(切る・折る・曲げる・たたむことにより45リッ
          トルの袋に入るものであれば、通常ごみ(燃やしてもよいごみ・燃やしてはいけない
          ごみ)でお出しください)
   ※指定日以外に持ち出すときは、清掃センターへ直接搬入してください
   ※集積所は「燃やしてはいけないごみ」の集積所です

関連情報 ・ 平成28年度粗大ごみの収集日について [ PDF:62KB ]

有害ごみ

 
収集回数 週1回(燃やしてはいけないごみの日)
主なもの
及び
注意点等

・ダンボール箱などに入れ、外側に「有害ごみ」と記入して、燃やしてはいけないごみの
 収集日に出してください  

  • 蛍光管
  • 電球類
  • 体温計(水銀式)
  • 血圧計(水銀式)

拠点回収

 
排出可能日 公民館等開館時
主なもの
及び
注意点等
  • 小型家電など
     ◦ 小型家電回収BOXの投入口(15cm×30cm)を通過する家電製品
       (エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、パソコンは除く)
  • 紙パック
      ◦  市役所・各公民館・女性センター・市民プラザにある回収箱に切り開いて出して
       ください
  • 廃食用油
     ◦  ご家庭で使用済み又は期限切れで不用となったもの
     ◦  回収できるのは植物性天ぷら油です
     ◦  油が入っていた容器やペットボトルなどに入れ、しっかり蓋をします
     ◦  公民館にある回収箱にそのまま容器ごと入れてください
  • 乾電池・ボタン電池など(有害ごみ)
     ◦  市役所・市内の学校・市民プラザ・公民館・家電販売店・カメラ店・時計店
       などに設置してある、乾電池回収箱に入れてください

その他(収集できないもの・処理困難物等)

 
注意点等
  • 商店、事務所、飲食店など事業活動に伴うごみなど(事業系一般廃棄物)は収集していません。清掃センターへ直接搬入するか、収集運搬業の許可業者に委託してください。有料にて処分いたします。
  • 引っ越し、大掃除、植木の刈り込みなど、一時的に大量に出るごみは、清掃センターへ直接搬入してください。
  • 産業廃棄物については、市では収集及び処理は行いません。産業廃棄物処理業の許可を有する業者に処理を委託してください。
  • ガスボンベ、廃油(植物性を除く)、農薬、農機具類、タイヤ、消火器、バッテリー、エンジン付機械類、コンクリートブロック、建設廃棄物、ピアノ等などは収集及び処理をしていません。購入したお店や専門の処理業者に処理をお願いしてください。
  • エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機は家電リサイクル法の施行により収集いたしませんのでご注意下さい。また、パソコンについても、資源有効利用促進法に基づきリサイクルが義務づけられているため収集いたしません。
関連情報 エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の処分方法
パソコンリサイクル制度について

羽生市清掃センターに直接搬入される皆様へ

 
利用案内 ○所在地
  〒348−0011
  羽生市大字三田ヶ谷1863
  TEL 048−565−3979
○搬入時間
  (平日)午前8時45分〜正午、午後1時〜午後4時30分
  (土曜日)午前8時45分〜午前11時30分
※日曜日、祝日、振替休日は搬入ができません。
※直接清掃センターに搬入する場合は、あらかじめ種類ごとに分別してください。
※羽生市民であるための確認(免許証等の提示等)を求める場合がありますが、ご理解ご協力をお願いいたします。
アクセス 清掃センター


↑ページの先頭へ

お問い合わせ

経済環境部 環境課
住所:埼玉県羽生市東6丁目15番地
TEL:048-561-1121
FAX:048-561-6380

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード