野鳥における鳥インフルエンザについて

公開日 2016年12月28日

最終更新日 2016年12月28日

鳥インフルエンザについて

 最近、日本各地で、鳥インフルエンザに感染した野鳥の死がいが確認されております。

 野鳥はエサの不足や冬の寒さ、壁や電線にぶつかるなどの理由で死亡することがあります。死亡した野鳥を見つけても、直ちに鳥インフルエンザを疑う必要はないと考えられます。

 死亡した野鳥を見つけた場合は、以下の点にご注意ください。

死亡した野鳥は素手で触らないでください。

 死亡した野鳥はさまざまなウイルス、細菌、寄生虫などを保有している場合があり、素手で触ると感染症等の危険があります。

 もし野鳥などの死がいやその排泄物等に触れてしまった場合はには、手洗いとうがいをしてください。

鳥の死がいや糞を踏まないようにしてください。

 野鳥の糞等が靴の裏や車両につくことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれるおそれがあります。野鳥に近づく際には、近づきすぎないようにしてください。

 特に、靴で鳥の死がいや糞等を踏まないよう十分注意して、必要に応じて消毒をしてください。

 

関連情報

 死亡した野鳥を見つけたら(環境省作成)

 野鳥との接し方について(環境省作成

 野鳥における鳥インフルエンザについて(埼玉県HP)

お問い合わせ

経済環境部 環境課
住所:埼玉県羽生市東6丁目15番地
TEL:048-561-1121
FAX:048-561-6380

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード