子育てしやすいまち 羽生

公開日 2015年09月29日

最終更新日 2015年09月29日

保育所待機児童数ゼロ

71-02

 保育を必要とする0歳から就学前までの子どもを、保護者に代わって保育する保育所(公立保育所6ヶ所、民間保育所4ヶ所)では、児童を心身ともに健やかに育成できる施設として運営しており、平成27年度当初の待機児童数は0となっております。

 保育所では、伝統的な行事や季節のイベントを取り入れ、子どもが日々の生活を通して季節の変化や潤いを感じながら楽しく生活できるようにしています。

 また、園児の健康管理、衛生管理や職員の安全教育を行い、保育内容の充実を図っています。

 

保育サービスの充実

71-10

 保育所では、通常保育に加え、延長保育、土曜保育、一時保育など保護者のニーズに合わせた保育を実施しております。

 また、放課後児童クラブ(学童保育)として、小学校の児童のうち、帰宅後保護者の就労等により、保育を必要とする児童の保護、育成を公立学童6ヶ所と民間学童4ヶ所で、行っております。

 放課後児童クラブでは、平成27年度より小学校6年生まで預かる体制としており、母親の就労増加により増大している需要に、今後も対応していきます。

 


 このほか、子育て支援について、様々な事業を行っています。
 詳しくは こちら(各種子育て支援事業のページ) をご覧ください。

教育環境の整備・充実

教育環境の整備・充実  年々高まりつつある気温の変化、特に真夏の気温は40度を超えることもありますが、こうした状況でも児童・生徒が快適に学習できるよう、羽生市の小・中学校は、14校全ての教室に、エアコンが設置されています。

ICTを活用した教育事業

IMG_8295

 羽生市では、子どもたちがたくさんのことに興味を持ち、その情報を集めながら学習していくプロセスを重要なことととらえています。その過程で、子どもたちの情報収集力や多角的な視野を広めるため、タブレットパソコンを導入してICT技術に触れるとともに、子どもたちのプレゼンテーション能力を育成しています。

 

 

 このほか、将来を担う子どもたちの輝かしい未来を見据え、さまざまな特色ある教育を行っています。
 詳しくは、特色ある教育活動のページをご覧ください。