友好都市福島県金山町の紹介

公開日 2017年10月17日

最終更新日 2017年10月17日

福島県金山町 【昭和57年(1982年)友好都市締結】

金山町はこんなまち

 金山町は、福島県会津地方南西部、奥会津といわれる地域にあります。町の総面積は293.92K㎡、その9割が森林です。年間平均気温は11℃、最深積雪は2mを超える豪雪地帯です。町を流れる只見川とその支流には玉梨温泉、湯倉温泉等、出湯が点在し、また渓流釣りのポイントもたくさんあります。交流人口を増やすため、御神楽岳、沼沢湖、フェアリーランドかねやまスキー場等を活用した観光レクリエーション事業に力を入れています。

 

友好都市提携の背景

金山町の町史編纂の中で、昔の会津横田(現金山町)城主の子孫が羽生市に移り住んでいることが判明し、歴史的なつながりが縁となり、友好都市提携が結ばれました。

 

交流の状況

金山町からは、羽生市の商工まつりや世界キャラクターさみっとへの出店、羽生さわやかマラソン大会への参加などが行われ、羽生市からは、沼沢湖水まつりへの参加が行われるなど、温かい交流の輪が広げられています。

 

   金山町大志中川全景

 金山町の様子

 

 

湖水まつり

沼沢湖水まつりの様子

沼沢湖水まつりは、毎年8月の第1土曜・日曜日に開催されるお祭りで、大勢の観光客でにぎわいます。

特に、沼沢湖に伝わる大蛇の出現や花火大会、佐原十郎義連(さわらじゅうろうよしつら)と大蛇の対決は必見です。

 

kabomaru

金山町公式キャラクター 「かぼまる」

「かぼまる」は、金山町の特産品「奥会津金山赤カボチャ」の妖精です。

頭が赤カボチャ、リボンは大塩炭酸水、体は町の温泉を表しています。

世界キャラクターさみっとなど、羽生のイベントにも参加しています。

 

 金山町については、次のリンクをクリックしてください。

   ○ 金山町ホームページ

    ○ 金山町公式Facebook

  ○ 金山町公式Youtube


 

お問い合わせ

総務部 秘書広報課
住所:埼玉県羽生市東6丁目15番地
TEL:048-561-1121
FAX:048-562-3500