第十一回「ふるさとの詩」の募集を開始します

公開日 2017年10月06日

最終更新日 2017年10月06日

第十一回「ふるさとの詩」募集

 

羽生市は、埼玉が生んだ最初の近代詩人「太田玉茗」や「宮澤章二」という現代詩人を生んだまちであり、

田山花袋の小説『田舎教師』のふるさとのまちです。

羽生市にゆかりのある詩人を顕彰するとともに、詩の素晴しさを全国に伝えるため

ふるさとをテーマとした詩を全国から募集します。

 

 募集作品 

・ふるさとの「音」を題材とした未発表のオリジナル作品

・作品数は一人1篇

 

 応募方法

・市販の400字詰め原稿用紙B4縦書、本文・表題で2枚以内の作品。

 (パソコン等のものは原稿用紙マスごとに印字してください。)

・別紙に郵便番号・住所・氏名・年齢・性別・電話番号を明記してください。

 なお、ペンネーム使用の場合は、本名も書き添えてください。

 氏名には必ずふりがなをつけてください。

・選考結果通知のため、住所・氏名を記入し82円切手を貼付した返信用封筒を

 必ず原稿と一緒にお送りください。

 

 応募資格

市内外、国内外、資格は問いません。ただし、中学生以下の方は除きます。

 

 応募締切

平成30年1月31日(当日消印有効)

 

 選考委員

 菊田 守 ・ 木坂 涼

 

 推薦委員

 北岡 淳子 ・ 北畑 光男 ・ 長嶋 南子 ・ 山田 隆昭

 

 発表

・結果については、平成30年4月下旬に通知。

 

 賞

・太田玉茗賞(1篇) 賞状・盾・賞金20万円・羽生市の特産品5万円相当

・宮澤章二賞(1篇) 賞状・盾・賞金10万円・羽生市の特産品3万円相当

・優秀賞  (5篇) 賞状・盾

・奨励賞 (10篇) 賞状・盾

・市民奨励賞(3篇) 賞状・盾

 

 その他

・入賞作品の著作権は主催者に帰属し、作品の返却はいたしません。

・二重応募はご遠慮ください。

・選考に関してのお問合せには応じられません。

 

多くの方からのご応募をお待ちしております。

ご不明な点等ございましたら、下記問合せ先までご連絡ください。

 

募集要項はこちらからダウンロードいただけます。

▽ 第十一回「ふるさとの詩」募集要項[PDF:168KB]

 

【問合せ】

〒348-8601 埼玉県羽生市東6-15

羽生市秘書広報課内「ふるさとの詩」募集実行委員会事務局

Tel 048-561-1121(内線204)   Fax 048-562-3500

Eメール hisho@city.hanyu.lg.jp

お問い合わせ

総務部 秘書広報課
住所:埼玉県羽生市東6丁目15番地
TEL:048-561-1121
FAX:048-562-3500

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード