都市計画法第34条第11号及び12号(市条例第5条第1項第1号及び第2号ア、イ)の規定による区域について

公開日 2016年10月01日

更新日 2016年10月01日

都市計画法第34条第11号及び第12号の規定による区域について

「11号区域」とは

 11号区域とは、市街化調整区域内の既存集落において、「指定運用方針」に基づき、道路や排水先が存在する区域について、市が指定をした区域です。
 次の用途の建築物が立地可能となります。
 

立地可能な建築物 …

専用住宅、分譲住宅で高さ10m以下、他法令等に適合するもの

「12号既存集落」とは

 12号既存集落とは、市街化調整区域内において、おおむね50以上の建築物が50メートルの間隔で立ち並んでいる地域を、市が指定をする区域です。分家住宅・※小規模な店舗等は、一定の条件及び他法令に適合すれば、建築する事は可能です。
 ※…延床面積150平方メートル以内の日用品の販売店舗

「最低敷地面積」

 11号区域・12号既存集落…原則として一区画300平方メートル以上が条件となります。

「区域指定図について」

 ホームページでは、区域指定図を閲覧できますが、区域境界の細部等については、まちづくり政策課窓口に地形図を備えております。いつでも、閲覧できますのでご活用ください。

 

 

関連事項

開発行為許可申請等について

お問い合わせ

まちづくり部 まちづくり政策課
住所:埼玉県羽生市東6丁目15番地
TEL:048-561-1121
FAX:048-561-6380

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード