排水設備工事責任技術者共通試験が行われます

公開日 2020年08月03日

更新日 2020年08月03日

 排水設備工事責任技術者とは、排水設備の設計・工事・管理に必要な資格で、店舗にひとり以上専属させることが、排水設備工事指定店の登録要件となっています。資格を取得しますと、埼玉県内において責任技術者として認められます。

受験資格

 次のいずれかに該当する方

  1. 高等学校の土木工学科又はこれに相当する課程を修了し、卒業した方
  2. 高等学校を卒業した方で、排水設備工事等の設計又は施工に関し、1年以上の実務経験を有する方
  3. 排水設備工事等の設計又は施工に関し、2年以上の実務経験を有する方
  4. 上記1〜3に準ずる方

試験日

 令和2年11月29日(日)

試験会場

 聖学院大学(上尾市戸崎1-1)

受付期間

 令和2年8月24日(月)〜9月30日(水)

申込方法

 郵送(詳細は受験案内を参照)

受験料

  10,000円

その他

・受験案内は8月24日(月)から羽生市水質浄化センター2階の下水道課にて配布します(土日・祝日を除く。)。

新型コロナウイルス感染症の影響により、試験会場を変更し、又は試験を中止する場合があります。

地図

聖学院大学案内図

お問い合わせ

まちづくり部 下水道課
住所:埼玉県羽生市大沼2丁目63番地
TEL:048-565-1551
FAX:048-565-1552