市内公共施設の対応について(令和3年12月1日から)

公開日 2021年12月01日

更新日 2021年12月01日

 令和3年12月1日以降の公共施設の利用に関しては、下記のとおりといたします。

1.施設利用にあたっては、引き続き3密を回避し、「室内の換気」、「マスクの着用」、「手指消毒」等、基本的な

 感染防止対策の徹底を継続します。

2.会議室等(市庁舎会議室を含む)の収容人数は、定員の100%以内とします。

ただし、市民プラザの収容人数は、室内の換気が十分に行えないため、引き続き定員の50%以内とします。

なお、大声での歓声・声援があることが想定されるイベントは、定員の50%以内とします。

3.飲食を認めている施設は、食事中の会話を控え、食事は取り分けをしないことなど、感染防止対策の徹底を条件に

 飲食を許可します。ただし、飲酒は禁止とします。

 

詳しくは、各施設までお問い合わせください。


 

<主な感染防止対策>

〇密閉、密集、密接の回避について

十分な人と人との間隔を空けます

〇施設の衛生対策について

・定期的な消毒を実施します

・定期的な換気を実施します(屋内施設の場合)

・施設職員のマスク着用、手洗い、咳エチケットを徹底します

*その他、各施設の特性に応じた対策を実施します

 

<利用者へのお願い>

〇マスク着用、手洗い、手指消毒、咳エチケットをお願いします

〇発熱や風邪の症状がある方は、利用を自粛するようお願いします

〇十分な人と人との間隔を空けるようお願いします

〇食事をする場合は、食事中の会話や料理の取り分けはお控えください