新型コロナウイルスのワクチン接種証明がコンビニ(一部)で交付できるようになります

公開日 2022年08月16日

更新日 2022年08月16日

コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)のコンビニ交付が始まります(令和4年7月26日開始)​

マイナンバーカードを利用して、全国のコンビニエンスストア(一部)でコロナワクチン接種証明書を受け取れる「コンビニ交付サービス」を開始します
※7月26日の段階では、北海道等の一部地域のコンビニエンスストア等の店舗のみ利用可能です
※市内のセブンイレブンでのコンビニ交付は、8月17日から開始予定となっています

 

ご利用できる方

【国内用】マイナンバーカードをお持ちの方

【外国用】マイナンバーカード及びパスポートをお持ちの方で、令和4年7月21日以降に自治体窓口かアプリで海外用の接種証明書を取得している必要があります

 

必要なもの

マイナンバーカード

 

手数料

証明書1通当たり120円(消費税及び地方消費税相当額を含む)

※印刷不良の場合を除き、発行後の返金には対応できません
※コンビニ等の端末により、発行前にご自身で内容を確認していただくことになります
※接種時に交付された接種済証など、接種事実が確認できる書類等をお持ちいただくと、内容の確認をスムーズに行うことができます

 

利用時間

午前6時30分から午後11時まで(年中無休。故障対応を含むメンテナンス時間は除く)

 

利用方法

1.店舗に設置されているキオスク端末(マルチコピー機)の画面に表示されている「行政サービス」ボタンを押す

2.証明書の交付を選択し、証明書交付サービスを選択

3.キオスク端末の所定の場所にあるカード置き場にマイナンバーカードを置く

4.必要な証明書として「新型コロナワクチン接種証明書」を選択する

5.発行に当たっての同意事項を確認。同意いただける場合は「同意する」を押す

6.マイナンバーカードの暗証番号(数字4桁)を入力する

7.マイナンバーカードを取り外す

8.接種市区町村を選択する

9.交付種別(「日本国内用」または「日本国内用及び海外用」)を選択

10.発行部数を選択する

11.発行内容の確認
※印刷不良の場合を除き、発行後の返金には対応できませんので、接種記録や旅券番号などの発行内容に間違いがないかよくご確認ください

12.料金の支払い(1部につき120円)

13.証明書を受け取る

 

厚生労働省のホームページ​​​​​​:000965437.pdf (mhlw.go.jp)

 

 

新型コロナワクチン証明書アプリにおける画像保存機能の追加について

​新型コロナワクチン証明書アプリで取得した接種証明書を書面の接種証明書と同じ様式で画像保存する機能が追加されました。この機能で保存された画像を活用することにより、ご自身で印刷することなどが可能となりました。
※改修後のアプリにアップデートしていない端末ではご利用いただけませんのでご注意下さい
※アプリのアップデート後に発行した接種証明のみ、こちらの画像保存機能を利用いただけますので、画像保存機能追加前に取得した接種証明は、アプリ上での再発行が必要です

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード