○羽生市空地の環境保全に関する条例

昭和56年10月1日

条例第16号

(目的)

第1条 この条例は、管理不良の状態にある空地が、清潔な生活環境をそこない、火災又は犯罪の発生原因になること等にかんがみ、当該空地の環境を保全し、公衆衛生の向上と市民福祉の増進に資することを目的とする。

(用語の意義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 空地 現に人が使用していない土地をいう。

(2) 所有者等 空地の所有者、管理者又は占有者をいう。

(所有者等の責務)

第3条 所有者等は、空地に雑草等が繁茂し、又はごみ等が放置され、当該空地が次の各号のいずれかに該当する状態(以下「管理不良の状態」という。)にならないよう維持管理に努めなければならない。

(1) 火災又は犯罪の発生原因となるおそれがある状態

(2) 衛生害虫の発生しやすい状態

(3) その他衛生、安全及び美観を損ない、近隣の生活環境を阻害し、又は阻害するおそれがある状態

(指導、助言及び勧告)

第4条 市長は、空地が管理不良の状態になるおそれがある又は管理不良の状態にあると認めるときは、当該所有者等に対し、雑草の除去等空地の整備につき必要な指導及び助言をすることができる。

2 市長は、前項に定める指導及び助言を行ったにもかかわらず、なお履行しない者があるときは、当該空地の所有者等に対し雑草の除去等空地の環境保全について必要な措置を勧告しなければならない。

(立入調査)

第5条 市長は、この条例の目的を達成するために必要があると認めるときは、当該職員を空地に立ち入らせ、必要な調査(以下「立入調査」という。)をさせることができる。

2 前項の規定により立入調査を行う職員は、その身分を示す証明書を携帯し、関係者にこれを提示しなければならない。

(委任)

第6条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年3月30日条例第16号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成28年9月30日条例第22号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年4月1日から施行する。

羽生市空地の環境保全に関する条例

昭和56年10月1日 条例第16号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第8類 生/第2章 保健衛生/ 環境保全
沿革情報
昭和56年10月1日 条例第16号
平成24年3月30日 条例第16号
平成28年9月30日 条例第22号