西中は今(11月 H30)

公開日 2018年11月29日

更新日 2018年11月29日

11月29日(木) 朝の活動!「落葉掃き」・「あいさつ運動」

IMG_1850IMG_1853IMG_1855

朝から校門付近で生徒が活動しています。今は落葉の季節。樹木の多い西中は、毎年この時期、大量の落葉があります。今年も、生徒が率先し、ボラティア活動の一環で、落葉掃きに取り組んでいます。西中を大切に思う生徒の心が、このような行動に表れているのだと思います。さらに、代表委員の生徒が、校門で、登校してくる生徒たちに「あいさつ運動」をおこなっています。こうした地道な活動の積み重ねが、生徒の豊かな心を育てるのだと思います。生徒のみなさん、そして指導しつつ共に動く先生方、本当にありがとうございます。

11月28日(水) 1年生は「スキー学校」、2・3年生は「進路学習」

IMG_1832IMG_1838IMG_1845

本日の6時間目、各学年でそれぞれの取組がおこなわれていました。1年生はスキー学校に向けた「係別会議」で、各係に応じて必要な約束事などを話し合いで決めていました。「進路適性検査」に取り組んだ2年生には、来年いよいよ3年生になり進路決定の時期になるという緊迫感が漂い始めていました。3年生は各クラスそれぞれ「進路学習」に取り組み、あるクラスでは、希望の進路実現に向けた願掛けをおこなっていました。あらためて、2学期も終わりが近づいていることを感じました。

11月27日(火) 昼下がり、体育の授業で「ソフトボール」

IMG_1803IMG_1802IMG_1813

朝夕めっきり寒くなってきた今日この頃ですが、本日の日中は陽射しも暖かく風もなく、昼下がりの校庭では、3年生の体育の授業が元気よくおこなわれていました。この日、取り組んでいたのはソフトボール。キャッチボールでは、先生から指導された腕の振り方や体重移動の仕方をいっしょうけんめい自分のものにしようとしていました。バッティングに入る前には、野球経験者の男子が、みんなの前で素振りをしながら、打ち方の見本を示していました。「やってみせ、言ってきかせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かず」(山本五十六)という言葉が、教育に通じるものだと実感します。

11月26日(月) 「世界キャラクターさみっとin羽生」で西中をPR!!

IMG_20181124_115711IMG_20181124_091754IMG_20181124_091821

IMG_20181124_094910IMG_20181124_095018IMG_20181124_095433

IMG_20181124_101651IMG_20181124_102647IMG_20181124_092815

24・25日(土・日)に「世界キャラクターサミットin羽生」が「羽生水郷公園」で開催されました。参加したキャラクターは世界各国から325体。西中の生徒は24日(土)に、キャラクター紹介とゴミの分別ボランティアとして参加しました。天候も良く、来場者は、この日だけで10万人(主催者発表)の大盛況。西中ブースでは、西中のキャラクターへの人気投票をおこない、多くの方が投票してくださいました。手作りの西中キャラクターですが、堂々と西中のPRにも努めてくれました。さらにゴミ分別ボランティアの生徒も、汗を流して活動し、きれいな会場の維持に大きく貢献していました。羽生市最大のイベントで、生徒も貴重な経験を積むことができたと思います。お疲れ様でした。

11月21日(水) 2学期の集大成!!期末テスト始まる

IMG_1764IMG_1758IMG_1761

本日より、期末テストが始まりました。主に2学期の学習の集大成となる期末テストであり、生徒は皆、真剣な態度で取り組んでいました。とりわけ3年生にとっては、高校受験にも関わる重要なテストでもあります。教室にはピーンと張りつめたような緊張感が漂っていました。期末テストは明日も続きます。がんばれ西中生!!

11月15日(木) 税についての作文「行田税務連絡協議会長賞・優秀」

IMG_1752IMG_1754IMG_1755

この日、「納税表彰式」が行田市商工センターにおいておこなわれ、西中の2年生男子が「税についての作文」の部で「行田税務連絡協議会長賞・優秀」を受賞し、表彰されました。受賞した作文は「税金と私たちの暮らし」という題名で、自分の経験をもとに税金の大切さに気づいたことを書いたものです。こうした貴重な経験が、今後の人生に大きく役立つことと思います。なお、同じ表彰式で、羽生市立西中学校が「作文募集協力校に対する納税貯蓄組合感謝状」をいただきましたので、併せてお知らせいたします。

11月13日(火) おみごと!!県大会で第3位!!柔道男子個人

IMG_1745IMG_1748IMG_1749

過日、県大会の柔道男子個人の部で、みごと県3位(ベスト4)の成績をおさめた2年生男子が、校長室へ報告にきてくれました。大会当日は、一回戦、二回戦と連続で一本勝ちしてベスト8(準々決勝)に進出。準々決勝では時間内で決着がつかず、先にポイントを奪った方が勝ちとなる延長戦に入るという大熱戦、みごと先に技ありを奪って勝利をおさめベスト4(準決勝)に進出。そして準決勝、これまた時間内で決着がつかないという手に汗握る大熱戦、延長戦のすえ惜しくも敗れはしましたが、西中柔道部の歴史に名を刻む大健闘でした。来年の夏には、関東、全国の大会を目指すほどに成長することを期待したいと思います。

11月12日(月)PART1  PTAによる朝の交通指導

IMG_1734IMG_1731IMG_1732

IMG_1730IMG_1736IMG_1727

本日の朝、徐々に寒さもつのる中、PTAによる「朝の交通指導」がおこなわれました。通学路の要所に先生方と役員の皆さんが立ってくださり、生徒の安全な登校を指導してくださいました。学校の正門には本部役員の皆さんが立ち、登校してくる生徒に「あいさつ」の言葉をかけてくださいました。また、紅葉の季節となり、緑の多い西中には落葉がたくさん降り注ぎます。先生方で落ち葉掃きもおこなっています。みなさん朝早くから、本当にありがとうございました。

11月12日(月)PART2  吹奏楽部が「道の駅はにゅう」で野外演奏!!

IMG_1699IMG_1710IMG_1713

IMG_1714IMG_1718IMG_1725

10(土)、「道の駅はにゅう」において開催された「秋の道の駅イベント」で、西中吹奏楽部が演奏しました。ここのところ毎週のように、各地に引っ張りだこの吹奏楽部ですが、この日も一致団結し、素晴らしい音色を響かせてくれました。利根川の土手から爽やかな風が流れてくる野外の会場には穏やかな陽射しが降り注ぎ、手にする金管楽器とともに、演奏する生徒一人一人をキラキラと輝かせてくれていました。そんな生徒たちに大勢の聴衆が盛んな拍手を送ってくれました。

11月9日(金) 「東部北地区音楽会」と「スキー実行委員会」

DSC_0001DSC_0002DSC_0006

本日午前、加須市の「パストラルかぞ・大ホール」において「東部北地区音楽会」が開催され、西中2年3組が「器楽の部」に出場しました。大きなホールで、ただでも緊張する会場でしたが、2年3組の生徒たちは、堂々と演奏し、大きな拍手をいただきました。どんな時でも「諦めない、怯まない、侮らない」の西中生徒の精神が発揮されたと思います。

IMG_1678IMG_1682IMG_1686

本日午後、1年生のスキー教室に向けた「第1回実行委員会」がおこなわれました。生活のきまりから持ち物、お菓子の是非まで、各クラスから選出された実行委員たちが、さまざまな意見を出し合っていました。その時、生徒一人一人の顔には真剣な眼差しがありました。だれもがスキー教室をいいものにしたいと思っているのが、よくわかりました。責任を持った話し合いと行動ができるようになってきた1年生です。

11月5日(月) 男子個人「県3位」、女子個人「県ベスト8」、県大会柔道の部

IMG_1651IMG_1654IMG_1659

IMG_1633IMG_1638IMG_1641

本日、上尾市の県立武道館において、新人大会の「県大会・柔道」が開催されました。この日は「個人戦」がおこなわれ、西中から男子4人、女子1人が出場し、強敵相手に善戦健闘しました。中でも2年男子は準決勝まで進出、両者譲らず延長戦にもつれ込む大熱戦の末、惜しくも敗れはしましたが、堂々の「県3位」に輝きました。さらに2年女子が前回大会に続く「県ベスト8」。男女とも、来年に向けて大いに期待のできる好成績でした。

11月2日(金) いよいよ出陣!「駅伝県大会」

IMG_1621IMG_1622IMG_1623

日ごとに感じる朝の寒さを吹き飛ばすように「駅伝女子チーム」が県大会に向けた練習に汗を流しています。県大会に出場できなかった男子チームも、ペースメーカーとなって、女子の走力アップのために、黙々と前を走ってくれています。駅伝という種目は、不思議と一体感をかもしだし、チームワークを高めてくれます。「チーム西中」を感じます。先陣を切る駅伝の県大会は4日(日)です。来週は、柔道、卓球、ソフトテニス、剣道と、県大会が続きます。結果はどうあれ、最高の舞台で、自分の最高の力を発揮することが何より第一です。「諦めない、怯まない、侮らない」で、がんばれ西中!!

11月1日(木) 埼玉県発明協会会長賞!「ペットボトルラベルカッター」全国展へ

IMG_1616IMG_1605IMG_1619

過日おこなわれた「第60回埼玉県児童生徒発明創意くふう展」において、西中2年生女子の作品「ペットボトルラベルカッター」が、「埼玉県発明協会会長賞」を受賞し、引き続き「全国展」へ出品されることが決まり、制作者の生徒が、校長室に報告にきてくれました。制作の動機は、誰でも簡単で安全にペットボトルのラベルを剥がせるようにしたい、という思いだったそうです、極めてコンパクトで無理のない作品が、高い評価を受けたことを、たいへん喜ばしく思います。派手でなくても地道な努力のもとに、実質的な成果を期待できることに心血を注ぐ、それこそが人間の真にやるべきことなのかもしれません。