公開日 2021年04月17日

更新日 2022年04月07日

あいさつ

 

                                           羽生市立手子林小学校長 五月女 一義

 

 羽生市立手子林小学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 令和4年度の羽生市立手子林小学校は、新入生41名を迎え、全校児童280名、教職員30名でスタートしました。本校に通う子供たちは、校門近くにある石碑に刻まれた『誠実』の精神を大切にして元気に学校生活を送っています。
 本校は、明治6年(1873年)に開校し、令和3年度までに9,033人の卒業生を送り出した伝統のある学校です。
 学校・家庭・地域が連携した教育が伝統的に行われている地域です。日々地域や保護者の皆様には、あたたかく子供たちを見守っていただくとともに、学校の教育活動に多大なる御支援と御協力をいただいています。
 本校の教育の概略について紹介いたします。

本校の学校教育目標

○すすんで勉強する子 ○なかよくくらせる子 ○からだをきたえる子

本校のめざす学校像

『地域、家庭とともに学習、生活、精神的な自立を支援し育む学校』
                                         
本校のめざす児童像

『夢をもち 心豊かに たくましく生きる 手子林の子』
【合言葉】 ~ 元気があれば 何でもできる ~

 

 令和4年度も、子供たちが、何事にも「一生懸命」「誠実」「前向き」にやることの大切さや素晴らしさを身に付けさせていきます。日々の教育活動の中で、素直で優しい心を育み、学びの力を伸ばし、心身の健やかな成長を目標に「チーム手子林小」として教職員一丸となり取り組み、学校・家庭・地域の協働による『地域と共にある誇れる学校』を目指します。
 保護者、地域の皆様のご理解・ご協力をいただきますようお願いいたします。
※昨年度誕生した本校のキャラクター「てこちゃん」です。
 今年度も色々な場面で登場します。よろしくお願いします。