ふるさと光景

公開日 2016年12月22日

更新日 2019年12月18日

ふるさと光景~羽生の魅力再発見~

 現在、広報Hanyuで連載している「ふるさと光景」。羽生市美術連盟写真部会ご協力のもと、市内の風景写真を掲載しています。 こちらからダウンロードできますので、絵葉書などぜひご活用ください。

最新の写真

 

夕日に染まるメタセコイア

夕日に染まるメタセコイア

撮影者:高野昇さん

撮影地:羽生水郷公園

コメント:羽生水郷公園は四季折々、さまざまな姿を見せてくれるので、私にとって楽しい散策の場所です。もちろんカメラを持って散策するので、気に入った場所に出会うとじっくり時間をかけて撮っていきます。

これまでの写真

 

raunndoabauto

ラウンドアバウト

higanoborutoki

陽が上る時刻

niji

撮影者:上野擴さん

撮影地:須影

コメント:平成29年3月、県内初でお目見え。夕暮れ前後2時間いましたが、不慣れな車が多いのかウインカーの出し方が分からなそう。早く慣れてくださいね。パリ凱旋門屋上から観るラウンドアバウトは圧巻です。

撮影者:渡辺良子さん

撮影地:三田ケ谷コスモス畑

コメント:「早起きは三文の徳(得)」といいますが、偶然にも太陽が上ってくる瞬間を、コスモスと撮ることができて徳した気分でした。早起きしたかいがありました。

撮影者:黒須保男さん

撮影地:葛西用水路(宮田橋付近)

コメント:強い雨上がりの後、葛西用水の南側に色の濃い、太くて、大きな虹がかかり、あまりの美しさに感動。急いでカメラを取りに行きシャッターを何回も押しました。今までこれほどきれいな虹は見たことがありませんでした。

syuukei

秋景

koyakegumo

小焼け雲

suigoukouennnoyuuhi

水郷公園の夕陽

撮影者:遠藤清子さん

撮影地:上村君地区

コメント:9月半ばに上村君地区に行ってみると、見渡す限りの広大な田園が開けていました。黄金色の稲穂が重そうに頭を垂れ、爽やかな秋空に映えて、とても美しい風景でしたので写しました。既に機械による収穫作業も始まっていて、大型乾燥調製施設(右端の赤い屋根)も収穫された大量の籾の受け入れに忙しそうでした。

撮影者:高田美通さん

撮影地:今泉

コメント:真っ赤な夕焼けが終わり、太陽が沈んだ後に雲が焼ける「小焼け雲」は素晴らしいです。宵が迫り来るまでのわずかな時間ですが、明日の好天を約束してくれている至福の時間です。

撮影者:金久保明宏さん

撮影地:羽生水郷公園

コメント:夕陽が真赤な日で、初夏とは思えないほど蒸し暑い一日でした。水郷公園の西側に浮き島があり、逆光に映えとても美しかったです。

r1-kirinoasa.

霧の朝

haruranmann

春爛漫

hhuyubinoasayake

冬日の朝焼け

撮影者:伊藤栄二さん

撮影地:利根川

コメント:休日はよく、朝にカメラを持って利根川へ散歩に行きます。その時に出会った光景で、霧が綺麗に出ていたので撮影しました。

撮影者:長谷川勝さん

撮影地:スカイスポーツ公園

コメント:4月初めの桜が咲く頃、桜まつりが開かれ、木の下は大勢の花見客が宴会を開きます。すべり台や、トランポリン、吊り橋で遊ぶ子供たちの笑い声や、叫び声が響きます。また、空にはグライダーが優雅に滑空します。

撮影者:島崎住雄さん

撮影地:キヤッセ羽生

コメント:冬日の朝撮影に向かう途中に、キヤッセ羽生の全景を見渡すと朝焼けが見えたので、冬の情景を入れて撮影しました。

seijyaku

静寂

geisyunn

迎春

ochibanokagayaki

落ち葉の輝き

撮影者:田中信江さん

撮影地:羽生中央公園

コメント:春の桜、夏の躍動感、秋の紅葉、そして冬の凛と張りつめた空間。四季折々の移ろいを楽しめる散歩道です。写真は雪の降った日の朝の光景です。

撮影者:河辺彰男さん

撮影地:上新郷西耕地の田園

コメント:ウォーキングの途中、自宅から100メートル位西に行った上新郷西耕地の田園で撮った写真です。冬晴れの日には、富士山がくっきりと見えます。1月号なので、題名を「迎春」にしました。私は、羽生市美術連盟の会長を務めています。今年も写真部会員の写真を掲載することになっていますので、どうぞよろしくお願いします。

撮影者:田村孝一さん

撮影地:羽生水郷公園

コメント:紅葉も終わりに近づく中で、羽生水郷公園を散策してみようと出かけました。駐車場のすぐそばにある木々(モミジバフウ)の根元に、落ち葉が山のように積もり、夕日が当たって光り輝いていたので思わずシャッターを切りました。

sennkou

閃光

asamoyanonakade

朝もやの中で

akinodennenn

秋の田園

撮影者:伊藤栄二さん

撮影地:産業文化ホール

コメント:仕事帰り、家に着く頃雷が鳴り始めました。家の近くに産業文化ホールがあるので、早速歩道橋の上でスタンバイ。雷は瞬間では撮れないので、Bモード(バルブ)で撮影しました。

撮影者:渡辺良子さん

撮影地:三田ケ谷コスモス畑

コメント:この日は早起きして出かけたところ前日の雨が上がり、朝もやの中、太陽の光を浴びたコスモスが幻想的だったのでシャッターを押しました。早起きしてコスモスを見に行くのもいいですね。

撮影者:遠藤和夫さん

撮影地:三田ケ谷

コメント:実りの秋の風景を見たいと思い「キヤッセ羽生の東側に広がる田園地帯」に行ってみると、黄金色に実った稲穂が重そうに、まさに頭を垂れて収穫待ちの状態。また、田んぼの向こうの池には“太公望”がずらりと並んで糸を垂れ、のどかなとてもいい風景でしたので、写しました。

hananotera

花の寺

tenntakashi

天高し

yorunorikuhasi

夜の陸橋

撮影者:上野擴さん

撮影地:祥平山 源昌院(稲子)

コメント:源昌院は、1月に水仙、4月の桜とれんげ草、5月にはシャクヤク、6月のあじさい、8月ははすの花が、そして9月の曼珠沙華など季節ごとに楽しめる花々で参詣者のみならず広く市民の皆さんを心から受け入れて歓迎してくれます。    

撮影者:長谷川勝さん

撮影地:羽生水郷公園

コメント:ここは、子どもたちに人気のスポット。日曜、休日になると、並んで待つほど。夕方、涼しくなったので、孫と一緒に散歩に出かけました。この日は空が高く、いい雲が流れてきたので、夕日に染まるのを待ってシャッターを切りました。

撮影者:高野昇さん

撮影地:神戸

コメント:神戸地区125号バイパスの陸橋の夜景です。これは、田植えの頃(例年5月下旬~6月上旬)田んぼに水が張られてから田植え後数日の期間に見ることができます。昼間の姿からは想像できない全く変わった夜景です。

daitennpakunohuji

大天白の藤

mankai

満開

shiroiharu

白い春

撮影者:小暮徳子さん

撮影地:大天白公園

コメント:昨年の5 月上旬、車の騒音も気にならない落ち着いた雰囲気の中、大天白公園の藤棚の下を歩きました。池のほとりに衣をつけて、空から流れ落ちてきたように見事に咲いている藤に見とれて、思わずシャッターを切りました。

撮影者:小暮裕一さん  

撮影地:羽生中央公園

コメント:羽生には葛西用水路ほか各所に桜の名勝がありますが、中央公園に咲く桜に感激。特に朝日に照らされた桜は、また一段ときれいでした。隣接する野球場の三塁側ベンチから外野までの土手で、野球見物と花見が同時にできるなんて最高です。

撮影者:黒須保男さん 

撮影地:羽生水郷公園

コメント:水郷公園は散歩と撮影によく出かけるところです。3 月になると、雪柳の花が一斉に咲き、春がやってきたと嬉しくなります。四季の風景が美しいところで、1 年を通して多くのカメラマンが訪れています。

tsukiakari

月明かり

noyaki

利根川野焼き

seijakunoasa

静寂の朝

撮影者:斉藤重雄さん

撮影地:利根川

コメント:薄暮の刻、昭和橋より利根川を渡る東武線りょうもう号を撮影しました。この日はちょうど満月で、夕日のあたる車両、月に照らされた川面の光、そして月には薄雲がかかり、感動した一瞬でした。

撮影者:高田美通さん

撮影地:利根川土手

コメント:冬にしては珍しく風も無く、穏やかな利根川の群馬県側で河川敷の野焼きが行われました。赤々と燃え上がり、パチパチと音を立てて燃え上がる様は迫力があります。春は未だ遠くても「春の足音」が聞こえてくるようでした。

撮影者:伊藤栄二さん

撮影地:利根川(昭和橋)

コメント:道の駅はにゅうから、よく利根川の昭和橋をカメラ片手に歩きます。この日はやや曇り空。季節、時間によって違う表情を見せてくれるのが、利根川の魅力です。

seijaku

静寂

kosumosu

朝日を受けて

shukaku

収穫の秋

撮影者:島崎住雄さん

撮影地:羽生水郷公園

コメント:いつもの散歩コースの水郷公園は、特に四季を感じながら歩いています。また思わぬ出会いが楽しみの一つです。この日も夕雲の中、情景が写ればと思いシャッターを切りました。

撮影者:田村孝一さん

撮影地:三田ケ谷地内

コメント:コスモスの花が満開に咲き誇ると、あたり一面が明るく華やいだ雰囲気になります。この日の朝は、霧が深く太陽の光も遮られ、 周りを赤く染めていました。下から花を見上げると、枝葉に朝露が光り、太陽と一緒に撮った一枚です。

撮影者:高野昇さん

撮影地:神戸地内

コメント:9月に入るとコンバインが走り回り、あっという間に稲が刈り取られます。私が小学生の頃(昭和20年代)は家族総出で田んぼに入り、鎌で刈り取られる光景が見られ、学校は農繁休業があり子どもたちも重要な働き手でした。機会での刈り取りはとても早く、猫の手も借りたいといわれた時代は遠い昔になりました。

asamoya

もやの朝

asayake2

朝焼け

somaru

染まる水面

撮影者:高田美通さん  

撮影地:今泉地内

コメント:秋めいて涼しくなった朝、早起きして2階の窓を開けると裏の田んぼにもやが漂っていました。見る間に情景が変化していくので、急いで撮影。市外の写友からは「なんていいところに住んでいるのだろう!」と羨ましがられています。

撮影者:小暮裕一さん

撮影地:羽生駅東口

コメント:毎朝6時に散歩に出かけます。この日の朝はいつもと違い、何となく辺りが「朱い」。その朱さが駅前モニュメント付近で真っ朱に。急いでシャッターを切りましたが、駅階段を昇るころにはいつもの空に戻っていました。

撮影者:長谷川勝さん

撮影地:羽生水郷公園

コメント:ふと空を見上げると、夕焼けの予感がして水郷公園に急ぎました。かねてより決めていたポイントにカメラをセット。徐々に水面がピンクに染まり、シャッターチャンスが来ました。感動の一枚でした。

haruurara

春うらら

kirinoasa

霧の朝

onihei

高速道のオアシス

撮影者:高田美通さん

撮影地:キヤッセ羽生

コメント:この日は春としては珍しく風が強く、綿雲が沸いてキヤッセの丘にぽっかりと浮かびました。丘には春の花が咲き乱れ、北海道にある美瑛の丘を思わせる景色です。

撮影者:河辺彰男さん

撮影地:上新郷地内

コメント:ここは、上新郷宿通り地区と住吉地区の間にある田んぼです。そこにある通称「裏浅間神社」をポイントに撮影しました。この日は、早春の朝、キリがまわりの建物を隠して幻想的な風景に。朝日と絡めシャッターを切りました。

撮影者:上野擴さん

撮影地:パサール羽生

コメント:東北自動車道は日本の大動脈。その下り車線のオアシス・羽生PAの「パサール羽生」。毎夜首都圏から帰途の車が入っては出ていきます。PAそのものがカラフルな帯をまとったような光景。上りの「鬼平江戸処」と共に名物オアシスとなっています。

asayake

朝焼け雲

280225

雪化粧

撮影者:高田美通さん

撮影地:今泉地内

コメント:私は「雲」が好きで朝に夕に、そして昼にも空を眺めています。この日の朝は「空が焼けるかな」と考えつつ東の空を見ると、なんと美しい朝焼け。早起きは三文の徳と言われますが、まさにその通り一日中得した気分で過せました。

撮影者:長谷川勝さん

撮影地:羽生水郷公園

コメント:朝目覚めると、家の前の畑は真っ白。期待に胸を膨らませ水郷公園へ。園内を歩き回りお気に入りスポットを発見。思わぬ写真が撮れました。

 

 

 

お問い合わせ

総務部 秘書広報課
住所:埼玉県羽生市東6丁目15番地
TEL:048-561-1121
FAX:048-562-3500