交通事故など(第三者行為)にあったら

公開日 2018年08月30日

更新日 2018年08月30日

交通事故などでケガをしたら(第三者行為)

 交通事故などの治療で国民健康保険を使うときは、届出が必要です。

      交通事故や傷害など、第三者(加害者)の行為が原因となったケガ等の治療費は、原則として加害者が負担すべき

 ものです。第三者行為による治療にも国民健康保険の保険証を使って治療を受けることができますが、この場合、負

 傷の原因などについて届出をすることが義務付けられています。  

  この届出により、本来加害者が負担すべき治療費(自己負担分を除く)について、国保が加害者に請求します。

  自損事故の場合は第三者行為ではありませんが、事故の内容を確認するため届出をお願いします。

 

示談の前に届出を

  国民健康保険で治療を受けようとするときは、必ず示談をする前に届出をしてください。届出をする前に示談をする

 と、国民健康保険の給付が受けられなくなることがあります。

 

届出に必要なもの

  ・対象者の被保険者証

  ・印鑑(認印)

  ・届出に来られる方の身分証明書(運転免許証など顔写真付きの証明書等)

  ・第三者行為による被害届一式 (届出用紙は窓口にあります。以下からダウンロードすることもできます。)

  ・交通事故の場合は、交通事故証明書(揃わないときは後日提出でも可)

 

届出様式について

   ・届出書類一覧[PDF:106KB]

 ・第三者行為被害届[PDF:114KB]

 ・事故発生状況報告書[PDF:101KB]

 ・念書[PDF:71KB]

 ・同意書[PDF:106KB]

 ・誓約書[PDF:80KB]

 ・人身事故証明書入手不能理由書[PDF:148KB]

 

 「交通事故に係る第三者行為による傷病届等の提出に関する覚書」に基づき、損害保険会社等が提出する場合

   ・第三者行為による傷病届[PDF:87KB]

   ・事故発生状況報告書[PDF:128KB]

   ・同意書[PDF:82KB]

   ・交通事故証明書入手不能理由書[PDF:50KB]

 

※ 自損事故の場合

   ・負傷原因報告書(自損事故等の場合)[PDF:68KB]

 

 

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード