羽生市の決算 平成29年度

公開日 2018年11月26日

更新日 2018年11月16日

平成29年度決算書・決算付属資料

・平成29年度決算書[ [PDF:41MB] ]

・平成29年度決算付属資料
  一般的事項[ [PDF:485KB] ] 投資的事業[ [PDF:965KB] ] 部門別事項[ [PDF:2MB] ]

 

歳入歳出決算概況

 平成29年度における一般会計及び各特別会計の予算総額335億381万円に対する総計決算額は歳入336億7,160万円(収入率100.5%)、歳出315億512万円(執行率94.0%)で、歳入歳出差引額は21億6,649万円となりました。

区分 予算現額(円) 歳入決算額(円) 歳出決算額(円)
一般会計 18,983,678,712 19,103,093,978 18,071,188,126



国民健康保険 7,275,094,000 7,297,435,300 6,538,488,672
下水道事業 1,970,996,000 1,792,786,289 1,752,686,620
中小企業従業員
退職金等共済事業
94,278,000 77,606,770 75,365,371
住宅資金貸付事業 2,357,000 5,916,962 2,341,392
介護保険 4,108,932,000 4,284,563,322 4,009,658,363
後期高齢者医療 1,068,478,000 1,110,201,419 1,055,388,652
合計 33,503,813,712 33,671,604,040 31,505,117,736

 

 

一般会計歳入決算

 

 

区分 決算額
(円)
構成比
(%)
増減率
(%)
人口一人
当り(円)
市税 7,763,376,352 40.6 2.8 140,929
地方譲与税 213,667,000 1.1 △0.4 3,879
利子割交付金 9,287,000 0.0 59.4 169
配当割交付金 31,838,000 0.2 31.5 578
株式等譲渡所得割
交付金
34,709,000 0.2

135.8

630
地方消費税交付金 889,903,000 4.6 5.2 16,154
自動車取得税
交付金
88,553,000 0.5 31.2 1,608
地方特例交付金 38,870,000 0.2 10.8 706
地方交付税 1,979,468,000 10.4 △3.1 35,933
交通安全対策
特別交付金
9,382,000 0.0 △0.3 170
分担金及び負担金 126,354,910 0.7 △43.4 2,294
使用料及び手数料 171,421,156 0.9 △0.6 3,112
国庫支出金 2,391,765,703 12.5 △0.4 43,418
県支出金 1,121,856,934 5.9 △6.4 20,365
財産収入 42,058,575 0.2 28.1 763
寄附金 11,825,450 0.1 △37.4 215
繰入金 609,311,421 3.2 △9.8 11,061
繰越金 1,068,649,283 5.6 4.7 19,399
諸収入 718,377,194 3.8 8.4 13,041
市債 1,782,420,000 9.3 △2.0 32,356
合計 19,103,093,978 100.0 0.3 346,780

平成30年3月31日人口 55,087人

 平成29年度の一般会計歳入決算額は、191億309万円(対前年度0.3%増)となりました。
 歳入に占める割合の大きい順では、市税(40.6%)、国庫支出金(12.5%)、地方交付税(10.4%)、市債(9.3%)の順となっています。
 それぞれの歳入の主な特徴は次のとおりです。

(1)市税
 大規模家屋等の新増築や償却資産の増により固定資産税が1億7,715万円の増収となり、市税全体の収入済額は77億6,338万円で、前年度と比較して2億1,182万円、2.8%の増収となりました。

(2)国庫支出金
 国庫支出金には毎年度交付のあるものと、その年度限りのものがありますが、全体の収入済額は23億9,177万円で、前年度と比較して1,078万円、0.4%の減額となりました。主な増減理由は次のとおりです。
 臨時福祉給付金に係る補助金が1,910万円減額、障がい者自立支援給付費負担金が978万円の増額となりました。

(3)地方交付税
 普通交付税が5,668万円の減額となるなど、地方交付税の収入済額は19億7,947万円で、前年度と比較して6,422万円、3.1%の減額となりました。

(4)市債
 市債の新規発行額は17億8,242万円で、前年度と比較して3,578万円、2.0%の減額となりました。主なものとして、区画整理組合活動支援事業債2億8,970万円、道路整備事業債3億6,170万円、岩瀬小学校及び手子林小学校屋内運動場整備事業債5,750万円などがあります。

 

 

市税の決算額

 

 

税目 H29収入済額(円) H28収入済額(円) 増減率(%)
市民税 3,183,756,969 3,139,260,459 1.4
 うち個人市民税 2,657,492,515 2,610,138,359 1.8
 うち法人市民税 526,264,454 529,122,100 △0.5
固定資産税 3,696,467,620 3,519,319,798 5.0
軽自動車税 138,976,720 132,685,785 4.7
市たばこ税 380,826,770 399,653,072 △4.7
都市計画税 350,623,473 348,164,749 0.7
入湯税 12,724,800 12,477,300

2.0

合計 7,763,376,352 7,551,561,163 2.8

 

 

一般会計歳出決算

 

 

区分 決算額(円) 構成比(%) 増減率(%) 人口一人当り(円)
議会費 167,287,475 0.9 △3.0 3,037
総務費 2,115,132,658 11.7 4.7 38,396
民生費 6,599,535,052 36.5 △0.5 119,802
衛生費 1,494,753,963 8.3 △1.7 27,134
労働費 111,665,263 0.6 △1.2 2,027
農業費 363,845,708 2.0 △19.9 6,605
商工費 320,484,285 1.8 △2.8 5,818
土木費 2,353,060,397 13.0 9.2 42,715
消防費 815,181,277 4.5 △0.9 14,798
教育費 1,813,167,501 10.1 △7.0 32,915
公債費 1,917,074,547 10.6 6.5 34,801
諸支出金 0 0.0 0.0 0
合計 18,071,188,126 100.0 0.6 328,048

平成30年3月31日人口 55,087人

 平成29年度の一般会計歳出決算額は、180億7,119万円(対前年度比0.6%増)となりました。
 歳出に占める割合の大きい順では、民生費(36.5%)、土木費(13.0%)、総務費(11.7%)の順となっています。
 それぞれの歳出の主な特徴は次のとおりです。

(1)民生費
 支出額は65億9,954万円で、前年度と比較して3,218万円、0.5%の減額となりました。主な理由としては、自立支援給付費(扶助費)が7,024万円増額、学童保育室整備工事請負費が5,848万円減額、公的介護施設等整備事業費補助金が4,188万円減額したことによるものです。

(2)土木費
 支出額は23億5,306万円で、前年度と比較して1億9,742万円、9.2%の増額となりました。主な理由としては、岩瀬土地区画整理組合補助金が2億6,328万円増額、道路新設改良等工事請負費が4,333万円減額したことによるものです。

(3)総務費
 支出額は21億1,513万円で、前年度と比較して9,418万円、4.7%の増額となりました。主な理由としては、財政調整基金の積立金が2億円増額、退職手当負担金が3,794万円減額、自治体情報セキュリティ強化事業費が8,478万円減額したことによるものです。

お問い合わせ

企画財務部 財政課
住所:埼玉県羽生市東6丁目15番地
TEL:048-561-1121
FAX:048-563-2322

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード