羽生市の財政に関すること

公開日 2014年04月01日

更新日 2020年03月31日

Q.そもそも「予算」って、何ですか?

A.羽生市の1年間の収入と支出の見積もりです。

 みなさんが払っている税金は、国・県・市などの収入となり、様々な行政サービスに使われています。市では、新しい年度(毎年4月1日)が始まる前に、あらかじめ税金などの収入と行政サービスに使う支出の金額を見積もって、事業の内容などを検討・計画します。この見積もりが「予算」です。
 羽生市の予算は、みなさんが払った税金がどのように使われるかを示しています。

 

Q.予算はどうやって決めるの?

A.市長が予算案をつくり、市議会の審議を経て決まります。

 予算を決めるのは、みなさんが選挙で選んだ市長と市議会議員です。
市役所の各部課は、市民からの意見や要望を聴き、地域の実情などを考えながら、「今、どんな行政サービスが必要か」「この羽生市で行うべき事業は何か」と翌年度に行う事業の内容を検討します。
 市長は、こうした各部署の案をもとに、市民生活や地域にとって必要なことは何かを考えて予算案をまとめます。
 市議会では、さまざまな議論を行いながら予算案を審議し、最終的に予算が決まります。

 

Q.羽生市の予算は、どれくらいの規模なの?

A.令和2年度の一般会計予算は、185億300万円です。
      全会計の総額では、333億2,335万8千円です。

 

   令和2年度当初予算の規模[PDF:53.3KB]

 

Q.一般会計って何ですか?

A.一般会計とは、市の基本的な事業を行うための財布です。

 羽生市の会計は、一般会計・特別会計・企業会計の3つに分かれています。
 一般会計は、教育や福祉、ごみの収集、道路の整備など、全般的に市民のみなさんに関わる行政の基本的な事業の会計で羽生市の中心となるものです。
 特別会計は、国民健康保険税や介護保険料など特定の収入があり、一般会計と財布を分けることで収支をはっきりさせるものです。
 企業会計は、民間企業と同じように事業の収益で賄われる会計です。羽生市では、水道事業会計と下水道事業会計があります。

 

Q.羽生市及び市の関連団体を合わせた借金残高はどれくらいあるのか?

A.令和元年度末現在の見込みで、羽生市全体で約283億円あります。

  詳細はこちらのページをご覧ください。 

                                                          


Q.羽生市の予算はどんなことに使われているのか?

A.令和2年度予算の主な事業と歳出予算額は以下のとおりです。

 

   令和2年度当初予算 施策の概要[PDF:676KB]

 

【 歳 出 】 目的別分類
 支出の行政目的を基準とした分類法であり、市の行政目的別の予算の比重を知ることができます。

  当初予算額 (千円) 構成比(%)
総務費 1,665,308 9.0
民生費 7,212,893 39.0
衛生費 1,744,451 9.4
農業費 401,891 2.2
商工費 355,032 1.9
土木費 2,194,553 11.9
消防費 888,464 4.8
教育費 1,889,414 10.2
公債費 1,848,263 10.0
その他 302,731 1.6
合計 18,503,000 100.0

 総務費 : 住民票の交付、市税の課税・徴収、庁舎維持管理などに充てる費用
 民生費 : 子どもやお年寄り、障がいのある人の支援などに充てる費用
 衛生費 : ごみの収集・処理や住民検診などに充てる費用
 農業費 : ほ場整備、用排水路の改修、就農支援などに充てる費用
 商工費 : 地元の商工業の支援や観光振興などに充てる費用
 土木費 : 道路の拡幅や補修などに充てる費用
 消防費 : 消防活動や防火水槽の設置、防災事業などに充てる費用
 教育費 : 学校の整備・補修、体育館の管理運営などに充てる費用 
 公債費 : 公共施設を整備する際に国や銀行などから借りた借金の返済金 

 

【 歳 出 】 性質別分類
 支出の経済的性質を基準とした分類法です。財政の健全性、弾力性を測定するポイントとなります。

区分 当初予算額 (千円) 構成比(%)
義務的経費 人件費 3,544,188 19.2
扶助費 4,585,065 24.8
公債費 1,848,263 10.0
投資的経費 普通建設事業費 2,003,647 10.8
その他の経費 物件費 3,203,590 17.3
繰出金 2,225,336 12.0
補助費等 795,395 4.3
投資及び出資金貸付金 154,371 0.8
その他 143,145 0.8
合計 18,503,000 100.0


 義務的経費(支出が義務づけられ任意に削減しにくい経費のこと。)
   人件費:職員等に対し勤労の対価及び報酬として支払われる経費
   扶助費:社会福祉や児童福祉など安定した社会生活の保障に要する経費
   公債費:市の借入金の返済に要する経費

 投資的経費(支出の効果が資本形成に向けられ、施設等が資産として将来に残るものに支出される経費のこと。)
   普通建設事業費:道路、橋りょうなどの建設事業等に要する経費

 その他の経費
   物件費:人件費、維持補修費、扶助費、補助金等以外の消費的性質の経費
   繰出金:一般会計と特別会計または企業会計相互間の予算の相互充用に要する経費
   補助費等:各種団体などへの負担金や補助金、公用車の自動車保険料や公共施設の火災保険料等の経費
   投資及び出資金、貸付金:資金の投資及び出資、貸付に要する経費

 


Q.羽生市の貯金(積立金)はいくらくらいありますか?

A.令和元年度末現在の見込みで、約39億8,000万円です。

                                                      

基金 内容 現在高 (千円)
 財政調整基金  市税などの収入の減少や予期しない支出の増加といった年度間の財源の不均衡をならすための積立金です。 1,155,149
 市債管理基金 市債(借金)の返済を年度を超えて計画的に行うための基金です。 25,926
 国際交流基金 姉妹都市との国際交流等に要する経費に充てるための基金です。 3,550
 教育振興基金 青少年(児童を含む。)の健全な発育と素質の向上をはかる等、広く教育の振興に資するための基金です。 27,450
 ふるさと応援寄附基金 寄附者からの寄附金を適正に管理するための基金です。 37,656
 協働によるまちづくり基金 市民の皆さんと共にまちづくり事業を進めるための基金です。 102,890
 公共施設修繕引当基金 公共施設の修繕に充てるための基金です。 453,795
 一般廃棄物処理施設整備基金 一般廃棄物処理施設の更新費用に充てるための基金です。 1,064,372
 国民健康保険基金 国民健康保険事業の健全な財政運営を図るための基金です。 503,036
 介護給付費準備基金 介護保険の制度改正に伴う支出に充てるための基金です。 238,997
 中小企業従業員退職金等共済基金 中小企業従業員の退職一時金の支払いに充てるための基金です。中小企業従業員の退職一時金の支払いに充てるための基金です。 367,067
合    計   3,979,888

 

この情報に関する問い合わせ先
担当課名 羽生市企画財務部財政課
電話番号 048-561-1121(内線371・372)/FAX048-563-2322


PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード