【プレ公開中】消防団って何(なん)だろう?

公開日 2023年11月27日

更新日 2023年11月27日

消防団(しょうぼうだん)ってなーに?

 

 火災(かさい)や地震(じしん)、台風(たいふう)などの災害(さいがい)から、地域(ちいき)のみなさんの安全(あんぜん)と安心(あんしん)を守(まも)るために、さまざまな活動(かつどう)をしているのが消防団(しょうぼうだん)です。


放水訓練(ほうすいくんれん)の様子(ようす)

 

消防団(しょうぼうだん)はどんなことをしているの?

 

 火災(かさい)や地震(じしん)、台風(たいふう)などの災害(さいがい)が起(お)こった時(とき)には消防車(しょうぼうしゃ)に乗(の)って出動(しゅつどう)して火(ひ)を消(け)したり、困(こま)っている人(ひと)を助(たす)ける活動(かつどう)をしています。
 災害(さいがい)がない時(とき)には、消火訓練(しょうかくんれん)や地域(ちいき)の見回(みまわ)りをしたり、防災(ぼうさい)について学校(がっこう)や地域(ちいき)の人(ひと)たちに教(おし)える活動(かつどう)をしています。

消防署(しょうぼうしょ)と消防団(しょうぼうだん)は何(なに)が違(ちが)うの?

 

 

 消防署(しょうぼうしょ)で働(はたら)いている人(ひと)は、災害(さいがい)からみんなを守(まも)ることを専門(せんもん)にしています。
 一方(いっぽう)、消防団(しょうぼうだん)は会社員(かいしゃいん)や自営業(じえいぎょう)、農業(のうぎょう)、飲食店(いんしょくてん)の店員(てんいん)さんなど、ふだんは自分(じぶん)の仕事(しごと)をもっている地域(ちいき)の人(ひと)が、災害(さいがい)が起(お)こった時(とき)に集(あつ)まって活動(かつどう)しています。

 

消防団員(しょうぼうだんいん)になるには?

 

 男性(だんせい)でも女性(じょせい)でも羽生市に住(す)んでいるか、羽生市で仕事(しごと)をしている18歳以上(さいいじょう)の健康(けんこう)な人(ひと)であれば誰(だれ)でも入(はい)ることができます。
 近所(きんじょ)にも消防団(しょうぼうだん)に入(はい)っている方(かた)がいるかもしれません。

お問い合わせ

消防本部 消防総務課
住所:埼玉県羽生市大字藤井下組990番地1
TEL:048-565-1339
FAX:048-565-1177