水道管の凍結による漏水等の被害が増加しています

公開日 2018年02月01日

更新日 2018年02月01日

降雪や強い寒気の影響で、水道管が凍結して漏水をしてしまう被害が増えています。

特に雪が降ったあとは、気温が低下し凍結しやすい状況です。

全国的にも凍結による漏水が原因で断水するなども発生しております。

市では、漏水が原因で断水しないよう対策を行っておりますが、

凍結による断水や漏水を防ぐために自己対策にご協力をお願いいたします。

また、道路上等で漏水が疑われる場所を発見した時は、ご連絡をお願いいたします。

水道管が凍結しやすい場所は?

・露出配管されている場所

・外水道

・日当たりの悪い場所

・水の使用が少ない蛇口

水道管の凍結を防止するには?

・露出配管や外蛇口に保温材や毛布などを巻く

・水の使用が少ない蛇口はたまに水を流す

凍結してしまった場合は?

・凍結部分にタオルなどを被せ、ぬるま湯をかける

※くれぐれも熱湯はかけないでください。水道管を損傷する恐れがあります。

※凍結により、水が出ない場合でも、開けた蛇口は必ず閉めてください。

 解氷後、周囲が水浸しになる恐れがあります。

凍結により水道管から漏水してしまった場合は?

・水道メーターボックス内にバルブがある場合は、バルブを閉めた後に指定給水装置工事業者
に修理依頼をしてください。(※修理費用はお客様負担となります。)
 なお、借家などで水を使用されている方は、管理者へ連絡をしてください。

お問い合わせ

まちづくり部 水道課
住所:埼玉県羽生市大字下羽生134番地
TEL:048-561-0969
FAX:048-561-0949