今日のムジナモ

公開日 2019年11月20日

更新日 2019年11月15日

ムジナモの冬支度(ふゆじたく)

 令和元年も立冬を迎えましたが、宝蔵寺沼ムジナモ自生地のムジナモは「冬芽(とうが)」を形成し、冬支度を始めています。ムジナモは、冬を越すため先端を丸めて冬芽を形成します。そして、水底に沈んで春を待ち、気候があたたかくなると再び水面に浮上します。その変わりようは、まるで“むじな”の七変化のようです。

 

過去の履歴(下にあるタイトルをクリックすると写真が見られます)

三田ヶ谷小学校の活動(平成30年6月)

日本精工株式会社がムジナモ自生地の一部の草を刈りました(平成30年6月)

春になって冬芽のムジナモが水底から浮上して発芽を始めました(平成30年3月)

羽生市三田ヶ谷小学校の「ムジナモ集会」が開かれました(平成29年6月)

お問い合わせ

生涯学習部 生涯学習課
住所:埼玉県羽生市東6丁目15番地
TEL:048-561-1121
FAX:048-561-6562