消費者行政に関する市長表明

公開日 2020年03月26日

更新日 2020年03月26日

 羽生市では、平成8年度より消費生活相談事業を始め、平成28年度には「羽生市消費生活センター」を設置しました。消費生活に関するお悩みや疑問は“一人で悩まないで”消費生活センターへご相談ください。

 

 さて、当センターへの相談件数は前年度に比較し、平成30年度は50件増え266件でした。

 

 そのなかでも相変わらず多いのが、高齢者に対する特殊詐欺還付金詐欺等ですが、最近の特徴はハガキによるものです。「総合消費料金未納分訴訟“最終”告知書」と不安をあおるタイトルで、さらに、差出人名も“法務省”や“裁判所”など公的機関と勘違いをさせるような名前を使っています。

 

 また、最近目立つのは、自然災害発生後、家屋の屋根など住宅修理サービスのご相談です。突然訪問され、「このままだと周囲に危険を及ぼすので」などと強引な契約であったり、「保険金が使えるから」と勧誘してきたりします。

 

 皆さんも消費生活トラブルについての最新情報を収集、把握し被害にあわないように十分気を付けましょう。

 

 羽生市では、市民の皆様が安全・安心に暮らせる社会を目指し、今後も消費者行政の推進と啓発の強化を努めます。

 

 少しでも不安や不審に感じたら“羽生市消費生活センター”(☎048-560-6270)や羽生警察署(☎048-562-0110)にご相談ください。

 

 

令和2年3月18日

羽生市長 河 田 晃 明

お問い合わせ

市民福祉部 市民生活課
住所:埼玉県羽生市東6丁目15番地
TEL:048-561-1121
FAX:048-501-3213