子どもの予防接種

公開日 2016年04月01日

更新日 2019年04月01日

定期予防接種

  • お子さんが生まれてから2か月になる頃に、小学校に就学する前までに受けていただきたい予防接種の予診票綴りを送付します。
  • 転入等で羽生市の予診票をお持ちでない方は、母子手帳をお持ちのうえ市役所1階の健康づくり推進課へお越しください。
  • 転出した場合、羽生市の予診票は使用できません。転出先の市町村へお問い合わせください。
  • 個別接種となりますので、市内委託医療機関で接種を受けてください。
  • 羽生市と契約している埼玉県内の実施医療機関で接種を受けられます。それ以外の医療機関で接種を受ける場合はお問い合わせください。
  • 予防接種の標準的なスケジュールをお子さんに合わせて管理できるシートを作成しました。ぜひご利用ください。

  子どもの予防接種の標準的スケジュール管理シート[XLS:464KB]

  • ご不明な点は事前にお問い合わせください。

個別接種

 

 
種別 実施年齢 接種の上限年齢※※ 実施方法

B型肝炎

H28.4.1以降に生まれた方が対象となります。

※健康保険により、B型肝炎ワクチンの投与(HBs免疫グロブリンを併用)を全部または一部を受けた方は、定期接種の対象外です。

生後0か月 1歳に至るまで

【初回】27日以上(標準的には56日まで)の間隔で2回接種

【追加】第1回目の接種後から139日以上の間隔をおいて1回接種

 ヒブ
※接種開始時の年齢により、接種回数が異なります。
生後2か月 生後7か月に至るまで

【初回】27日以上(標準的には56日まで)の間隔で3回接種

初回2回目及び3回目の接種は生後12か月に至るまでに行い、それを超えた場合は行わない。この場合、追加接種は可能であるが、初回接種終了後、27日以上の間隔をあけて1回行う。

【追加】初回接種終了後、7か月以上(標準的には13か月まで)の間隔で1回接種

生後7か月 生後12か月に至るまで

【初回】27日以上(標準的には56日まで)の間隔で2回接種

初回2回目の接種は生後12か月に至るまでに行い、それを超えた場合は行わない。この場合、追加接種は可能であるが、初回接種終了後、27日以上の間隔をあけて1回行う。

 【追加】初回接種終了後、7か月以上(標準的には13か月まで)の間隔で1回接種

1歳 5歳に至るまで 1回接種
 小児用肺炎球菌
※接種開始時の年齢により、接種回数が異なります。
生後2か月 生後7か月に至るまで 【初回】(標準的には、生後12か月までに)27日以上の間隔で3回接種
初回2回目及び3回目の接種は生後24か月に至るまでに行い、それを超えた場合は行わない(追加接種は実施可能)。
初回2回目の接種が生後12か月を超えた場合、初回3回目の接種は行わない(追加接種は実施可能)。
【追加】初回接種終了後60日以上の間隔をあけて、生後12か月に至った日以降(標準的には12~15か月に至るまでの間)に1回接種
生後7か月 生後12か月に至るまで

【初回】(標準的には、生後12か月までに)27日以上の間隔で2回接種
 

初回2回目の接種は生後24か月に至るまでに行い、それを超えた場合は行わない(追加接種は実施可能)。
【追加】初回接種終了後60日以上の間隔をあけて、生後12か月以降に1回接種

1歳 2歳に至るまで 60日以上の間隔で2回接種
2歳 5歳に至るまで 1回接種
 BCG 生後0か月  1歳に至るまで 1回接種
四種混合
(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)
生後3か月 7歳6か月に至るまで 1期初回:20日以上(標準的には56日まで)の間隔で3回接種
1期追加:初回接種終了後、6か月以上(標準的には12~18か月まで)の間隔で1回接種
ポリオ(不活化)
※四種混合で接種している方は対象となりません。
生後3か月 7歳6か月に至るまで 1期初回:20日以上(標準的には56日まで)の間隔で3回接種
1期追加:初回接種終了後、6か月以上(標準的には12~18か月まで)の間隔で1回接種
生ポリオ
接種回数

不活化ポリオ

接種回数

2回接種している方 接種する必要はありません
1回接種している方 残りの3回を接種(1期初回接種2回、追加接種1回)
一度も接種していない方 4回接種
(1期初回接種3回、追加接種1回)
海外等で既に国内未承認ワクチンを接種している方は、残りの回数を接種してください。
 水痘
(水ぼうそう)
1歳 3歳に至るまで 既に水痘を発症したことがある児は免疫を持っているため、公費接種対象外です。

初回接種:(標準的には)生後12か月から生後15か月に至るまでに1回接種

追加接種:初回接種完了後、3か月以上(標準的には6か月から12か月まで)の間隔をおいて、1回接種

麻しん風しん混合
(MR)

※麻しんのみ、風しんのみも可
1歳 2歳に至るまで 1期:1回接種
年長児 5~6歳 (就学前1年間 4/1~3/31まで) 2期:1回接種
日本脳炎 1期初回:
3、4歳児
1期追加:
4、5歳児
2期:
9、10歳児


1期初回、追加:7歳6か月に至るまで
2期:13歳の誕生日の前日まで
※特例対象者(平成10年4月2日~平成19年4月1日生まれの方)は20歳の誕生日の前日まで
※特例対象者(平成19年4月2日~平成21年4月10日生まれの方)は、9歳~13歳になる前日まで

1期初回:6日以上(標準的には28日まで)の間隔で2回接種
1期追加:1期初回終了後、6か月以上(標準的にはおおむね1年を経過した時期)の間隔で1回接種
2期:1回接種

※特例対象者の接種方法

対象者の接種歴 その後の接種方法
第1期のうち、1回のみ接種した方

・2回目と3回目を6日以上の間隔をあけて接種

・4回目は9歳以上で接種し、3回目との接種間隔は6日以上あける

第1期のうち、2回接種した方

・まず、3回目を接種

・4回目は9歳以上で接種し、3回目との接種間隔は6日以上あける

第1期のうち、3回接種した方 ・4回目は9歳以上で接種し、3回目との接種間隔は6日以上あける
第1期を全く接種していない方

・6日以上(標準的には6~28日)の間隔をおいて2回、2回目接種後6か月以上(標準的には1年経過後)あけて3回目を接種

・4回目は9歳以上で接種し、3回目との接種間隔は6日以上あける

 

二種混合
(ジフテリア・破傷風)
小学6年生 13歳の誕生日の前日まで 2期:1回接種
子宮頸がん予防
(H25.6より、積極的にはお勧めしていません。)
中学1年生 高校1年生になるまで

<子宮頸がんワクチンは2種類あります>

予防できるウイルスの種類や接種間隔は異なりますが、子宮頸がんを予防できる効果は2種類とも変わりはありません。どちらのワクチンを使用するか、医療機関とよく相談してください。

・サーバリックス

16型・18型⇒主に子宮頸がんに対応

接種回数3回
2回目:1回目の接種から1か月以上の間隔をおいて接種
3回目:1回目終了後5か月以上、かつ2回目の接種から2か月半以上
・ガーダシル

16型・18型⇒主に子宮頸がんに対応

6型・11型⇒主に尖形コンジローマ(皮膚にできるイボ)に対応

接種回数3回
2回目:1回目の接種から1か月以上の間隔をおいて接種
3回目:2回目終了後3か月以上

 ※※接種の上限年齢について

  「~歳に至るまで」は「~歳の誕生日の前日まで」の意です。

 

■市内実施医療機関一覧(平成31年4月1日現在)

送付時期について

  ●日本脳炎 ・・・ 平成30年度は小学校3年生及び高校3年生の方に日本脳炎2期の予診票を郵送します。

  ●二種混合(ジフテリア・破傷風) ・・・ 小学校6年生の方に4月〜5月に頃郵送します。

子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症予防ワクチン)の接種について

 羽生市は、予防接種法に基づき、子宮頸がん予防ワクチンの接種を実施しています。
 しかし、これまでにワクチン接種との因果関係を否定できない症状(持続的な痛み)が報告されていることから、現在、対象者に対する積極的な呼びかけを一時的に中止しています。
 対象者が接種を希望する場合は、接種券をお送りしますので、健康づくり推進課までご連絡ください。接種に当たっては、有効性とリスクを十分に理解した上で受けていただきますようお願いします。
 

◇対象者:中学校1年生〜高校1年生(平成15年4月2日〜平成19年4月1日生まれ)の女子
◇実施期間:高校1年生相当の年度末まで(16歳となる日の属する年度の末日まで)
◇接種費用:対象者が実施期間内に受けた場合は、無料です。

  • 羽生市と契約している埼玉県内の実施医療機関で接種を受けられます。それ以外の医療機関で接種を受ける場合はお問い合わせください。
  • 詳細につきましては、健康づくり推進課または接種を希望する医療機関にお問合わせください。

◇資料:厚生労働省ホームページ(子宮頸がん予防ワクチンに関する情報)

     子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(厚生労働省リーフレット)

定期の予防接種の実施における保護者以外の同伴について

 定期の予防接種には、原則、保護者の同伴を必要としますが、保護者が特段の理由で同伴することができない場合、予診票に加え、以下の委任状を実施医療機関へご提出ください。

■ 予防接種 委任状[PDF:119KB]

お問い合わせ

市民福祉部 健康づくり推進課
住所:埼玉県羽生市東6丁目15番地
TEL:048-561-1121
FAX:048-563-4581

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード