下水道の再確認を!9月10日は下水道の日です。

公開日 2015年08月10日

更新日 2015年09月10日

 下水道の日とは?

 「下水道の日」は、1961年(昭和36年)、著しく遅れている日本の下水道の普及type002(当時の普及率: 6 %)を図る必要があることから、このアピールを全国的に展開するため、当時の下水道を所管していた建設省(現在の国土交通省)、厚生省(現在は環境省に所管変更)と日本下水道協会の前身団体が協議して「全国下水道促進デー」として始まりました。9月10日と定められたのは、下水道の役割の一つである「雨水の排除」を念頭に、台風シーズンである立春から数えて220日が適当であるとされたことによるものです。

 日本における近代下水道の基である旧下水道法が制定された1900年(明治33年)から100年を迎え、その記念行事が行われたこと、また、2001年(平成13年)が21世紀のスタートの年にあたることなどから、近年の下水道に対する認識の高まりもあり、この際、より親しみのある名称として「下水道の日」に変更されることになりました。

 

下水道ってなに?再確認してみましょう!

 下水道は普段の生活ではあまり目にすることがなく、その存在を忘れがちです。下水道といってもその種類は様々で、ここでは「公共下水道」について説明したいと思います。公共下水道は主に市街地の下水を排除・処理するため、原則として市町村が管理しています。処理については、個別の終末処理場を持つ単独公共下水道と、処理を流域下水道へ任せる流域関連公共下水道があり、羽生市は前者になります。また、公共下水道は都市計画における市街化区域を対象としています。

 生活もしくは事業に伴い発生した汚水は、道路に埋設してある下水管をとおって終末処理場(水質浄化センター)まで運ばれています。その汚水は、さまざまな工程を経てきれいになって河川へ放流されます。下水道はまさに、生活環境を向上させる縁の下の力持ちと言えます。また、これらの施設等を維持管理していくためには多額の費用がかかります。それは、使用者から下水道使用料を徴収することでまかなわれています。

処理場仕組み

下水道使用料とは?

 ご覧のとおり、汚水を浄化(処理)するまでにはさまざまな工程が必要となり、そのための費用が発生します。下水道使用料は、公共下水道の使用者が継続して快適な生活を送るために、これらの施設等の維持管理費や建設費等となります。下水道使用料等は次のような用紙でお知らせしています。

下水道の日PR(料金)

 こちらの羽生太郎さんは「下水道使用料」の欄が********ですので、まだ下水道に接続していないか、下水道供用開始区域外に住んでいるようですね。このように、水道料金・下水道使用料は2か月に1度水道を使用されている皆様にお知らせされています。下水道に接続されていますと、水道水の使用水量に応じて下水道使用料が決められ、水道料金と合算して請求されています。この例を参考に羽生太郎さんが下水道に接続したとすると、下水道使用料は3,780円となり、水道料金との合計使用料金は8,530円となります。下水道使用料は水道料金の約8割で、基本使用料は1,720円となっています。(※金額は全て税込表示)上下水道料金の詳細については上水下水料金早見表(税率8%)[PDF:96KB]をご覧ください。

 また、下水道の接続工事を行ったにも関わらず、下水道使用料が請求されていない場合(***が印字されたままの場合)や、自宅の汚水がどこに流れているかわからない場合(下水道工事をやったかどうかわからない場合や浄化槽の維持管理を行ったことがない場合)は下水道課へご相談ください。

お問い合わせ

まちづくり部 下水道課
住所:埼玉県羽生市大沼2丁目63番地
TEL:048-565-1551
FAX:048-565-1552

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード